2020.1.6 両刃カミソリ  私のひげ剃りは、かつては電気カミソリだったが、途中から3枚刃4枚刃のよくあるやつに変更した。  しかし、このタイプは替え刃がやたら高く、ランニングコストが半端でないことから、3年ほど前から両刃カミソリにしている。 
 両刃カミソリのフォルダーはピンキリである。 値段の差が何かわからず、どれを使っても大差ないだろうと思い、アマゾンで安いものを仕入れて使っていた。 それほどひげが濃くないので、少々のことではそれで十分だったのだが、車に常駐していたフォルダーが壊れてしまった。 やはり安物であったためか、軸が錆びてしまいどうにもならなかった。 
 そこで、いろいろ研究して、ドイツ製のメルクール334C(写真 手前)を購入した。 
 どちらかというと、肌に優しいタイプではなく、深剃りができるらしい機種にした。 昨日、届いて早速に試してみた。 やはりドイツ製です、切れ味は抜群でした。
 なぜかの理由はわからないが、自重だけで軽く剃っても十分だし、深剃りをすると何ともいい心地の仕上がりになった。
 フォルダーでこうも違うのかと驚いてしまったしだいだ。 あとはは替え刃だが、これもピンキリだ、いろいろ試してみるつもりだ。   
2020.1.24 投資信託の整理   3つ保有している証券会社をまとめるように整理することにした。 ついでに、たくさんの種類を買っている投資信託も数をまとめて整理することにした。 これまではとにかく「配当の多いもの」「みんなが買っているもの」程度で、かなりいい加減な買い方だったが、自分のニーズに合った投資信託を厳選することにした。 私のニーズを列挙すると、
 
   1.基準価格の値上がりを求めない
   2.分配金利回りを重視
   3.中リスク中リターン(分散投資、純資産額)
   4.総投資額の減少は極力回避する
 となる。
  投資信託のカテゴリーは
   株式(ハイリスクハイリターン)
   債権(低イリスク低イリターン)
   リート(中イリスク中イリターン)
   バランス(中イリスク中イリターン)などに分かれる。 
 これまでは
   株式(10%)、債権(10%)、リート(70%)、バランス(10%) 
 だったが、株式と債券は止めてリートを90%まで上げる。
 リートの中でも基本的に「分配金利回り」のよいものに整理した。 
 
 選んだ基準は、
   1.「分配金利回り」が高いもの(基準価格10,000に対して毎月70円以上)
   2.特別分配金(元本払い戻し)の少ないもの
   3.「分配金込の再投資後の基準価格」が右肩上がりで、基準価格が平行もしくは右肩上がりのもの。 
   4.純資産が50億円以上 
 これで、トータルの「分配金利回り」をこれまでの4.7%から7%程度まで上げたい。  
   
2020.4.29 新型コロナウイルス   中国の武漢で新型のコロナウイルス騒ぎがおきて、騒がしくなったのは大分宮崎への旅の終わりごろだから、2月の終わりくらい。 はじめはマスクをする人はまばらだったが、門司へ寄ったときにあちこちの施設が新型コロナウイルス対策で閉館していて驚いた。 そこから、公設の温泉も閉鎖しているところがだんだん増えてきて困ったもだった。 その程度なら、どうってことはなかったのだが感染が徐々に拡大を続け、アホの政府は全くのドタバタでなにをやっても、遅い、少ない、効き目なしの連続。 心底無能なのを露呈し続けている始末。 
 株価が急落し、わての財産も見るも無残に減り続けたが、どうにも動くことができず。 資産残高を見れば損切りしたくなるのがわかっていたので、しばらくは見ないようにしていた。 この騒動の少し前に、しっかりとしたポートフォリオも作らずに欲を出して投資信託の整理をしたのが、裏目に出た格好だ。 
 暖かくなれば自然に収まるくらいに思っていた騒動は、GWになっても先が見えない状態が続いている。
 非常事態宣言以降も、「接触機会を減らせ」が最大のポイントだが、そのために日本中がゆがんでしまった感がある。 欧米と違って強制力を伴わない「自粛」なも影響してか、ちょっとでも気に入らないことがあると「非難」「中傷」「出まかせ」がネットで拡散する時代。
 日本人の愚かさがじかに見えてしまい、嫌になってくる。 
 「不要不急の外出自粛」で、私の趣味はすべて封印されてしまった。 「旅」「登山」に行けないのが、一番つらいし、「パチンコ」もアウト、図書館も閉鎖。 えっちゃんとの春旅も、5月末のモロッコ旅行もすべておじゃんだ。 
 早く始まった中国やヨーロッパは終息の傾向だが、日本は夏までに収まるのか? 収まったとしても、また冬がやってくるわけで、ワクチンができない限り、この騒ぎの本当の終息は来ないようだ。 
 
2020.6.2 ストリーミングサービス  2台あるウオークマンNW-A16の1台のバッテリーの持ちがだいぶくたびれてきた。 2台をフル充電して音楽を流しっぱなしにすると、1台は約4〜5時間でインジケータが減ってくる。 もう1台は全く問題ないので、さてどうするか? 1台は持ち歩きよう、もう1台は車据え付け用だ。 車据え付け用は運転時に常に充電するので、バッテリーが消耗していてもそれほど問題はない。 ウオークマンNW-A16にほとんど不満がないので、そのままでも良いのだが、少し新しいものを調べてみた。 NW-A105とかNW-A55とかが候補だが、その機能の中に「ストリーミングサービス」があることを知った。 
 「ストリーミングサービス」にはあまり関心がなかったが、宣伝文句を読んで試してみる気になった。 「ストリーミングサービス」はネットに繋がることが条件で、ウオークマンではWi-Fi接続のようだ。 
 「ストリーミングサービス」は基本は有料だが、それは私のコンセプトに合わない、音楽に金を出すならCDでしょう。 そこで各「ストリーミングサービス」の無料サービスに絞って、「携帯にダウンロードして使い勝手を試した。
 ・Prime Music:アマゾン提供だが無料は3か月だけ
 ・Apple Music:無料は3か月だけ
 ・LINE MUSIC:完全無料は3か月だけ、無料サービスもあるが使い勝手が悪すぎ
 ・Spotify:完全無料は3か月だけ、無料サービスがわりと充実している

 いろいろ試した結果、「Spotify」を採用した。 ここの良いのは、自分の好きなアーティストを選択でき、その選択したアーティスト(だけではないが)でプレイリストを勝手に作ってくれる、しかも毎日違うものを。 自分の好きな曲だけとか、アルバムだけとかはすべて有料だが。 ウオーキングをしているときや運転中に聞き流すにはもってこいなのだ。 さらにバックグラウンド再生もしてくれるのだ。 「ストリーミングサービス」に多くを求めなければ、これで充分だ。
 「ストリーミングサービス」をウオークマンで聴くか携帯で聴くかなら、どう考えても携帯でしょう。 なぜなら携帯ならWi-Fiがなくてもネットにつながるので、いつでも「ストリーミングサービス」が聴けるわけだから。 
 ということで、ウオークマンを買い替える必要性もなくなってしまった。
 
2020.7.3 「久米宏 ラジオなんですけど」    「久米宏 ラジオなんですけど」が終わってしまった。 現在、NHKのすっぴんが終わってしまったので、ラジオで唯一毎回聞いていた番組だったが、とうとう終わってしまった。 この番組の良いところはたくさんあるが、歯に衣着せぬ久米さんのおしゃべりが好きだった。 久米宏さんを知ったのは、かなり古い。 永六輔さんの「土曜ワイドラジオ東京」で、久米さんが新人アナウンサーとして出ていたころからだ。 久米さんと永六輔さんの関係は、いってみれば師弟に当たると思う。 
 永六輔さんが好きだったので、その縁で久米さんを好きになったのかもしれない。 永さんのラジオの終わり方を知っていたの、久米さんも最後まで同じようにやるのかと思い込んでいた。 「言い間違いが多くなった」、つまり老化が進んでいることがやめる一因だそうだが、永さんのろれつが回らなくなった放送でも私は聴いた。  
 まあ久米さんの美学なんだろうなあ。 ネットの「久米ネット ノックノック」が唯一、久米さんを知る窓口になってしまった。 寂しい限りだ。 今日は、ユーチューブに残っている古い録音を聴いてウオーキングをした。