2020.1.6 両刃カミソリ  私のひげ剃りは、かつては電気カミソリだったが、途中から3枚刃4枚刃のよくあるやつに変更した。  しかし、このタイプは替え刃がやたら高く、ランニングコストが半端でないことから、3年ほど前から両刃カミソリにしている。 
 両刃カミソリのフォルダーはピンキリである。 値段の差が何かわからず、どれを使っても大差ないだろうと思い、アマゾンで安いものを仕入れて使っていた。 それほどひげが濃くないので、少々のことではそれで十分だったのだが、車に常駐していたフォルダーが壊れてしまった。 やはり安物であったためか、軸が錆びてしまいどうにもならなかった。 
 そこで、いろいろ研究して、ドイツ製のメルクール334C(写真 手前)を購入した。 
 どちらかというと、肌に優しいタイプではなく、深剃りができるらしい機種にした。 昨日、届いて早速に試してみた。 やはりドイツ製です、切れ味は抜群でした。
 なぜかの理由はわからないが、自重だけで軽く剃っても十分だし、深剃りをすると何ともいい心地の仕上がりになった。
 フォルダーでこうも違うのかと驚いてしまったしだいだ。 あとはは替え刃だが、これもピンキリだ、いろいろ試してみるつもりだ。   
2020.1.24 投資信託の整理   3つ保有している証券会社をまとめるように整理することにした。 ついでに、たくさんの種類を買っている投資信託も数をまとめて整理することにした。 これまではとにかく「配当の多いもの」「みんなが買っているもの」程度で、かなりいい加減な買い方だったが、自分のニーズに合った投資信託を厳選することにした。 私のニーズを列挙すると、
 
   1.基準価格の値上がりを求めない
   2.分配金利回りを重視
   3.中リスク中リターン(分散投資、純資産額)
   4.総投資額の減少は極力回避する
 となる。
  投資信託のカテゴリーは
   株式(ハイリスクハイリターン)
   債権(低イリスク低イリターン)
   リート(中イリスク中イリターン)
   バランス(中イリスク中イリターン)などに分かれる。 
 これまでは
   株式(10%)、債権(10%)、リート(70%)、バランス(10%) 
 だったが、株式と債券は止めてリートを90%まで上げる。
 リートの中でも基本的に「分配金利回り」のよいものに整理した。 
 
 選んだ基準は、
   1.「分配金利回り」が高いもの(基準価格10,000に対して毎月70円以上)
   2.特別分配金(元本払い戻し)の少ないもの
   3.「分配金込の再投資後の基準価格」が右肩上がりで、基準価格が平行もしくは右肩上がりのもの。 
   4.純資産が50億円以上 
 これで、トータルの「分配金利回り」をこれまでの4.7%から7%程度まで上げたい。