山 名 京ヶ倉 登頂No 154 所 在 長野県 標 高 990 登頂日 2019/3/26
 2019春の山旅の最初は、予定通り京ヶ倉。 前日泊まった「道の駅 さきかた」から生坂村まで30分とかからずに着く。 新しい道の駅はまだ開店前で駐車場の整備中だった。 
 その近くから登山口まで車で登る。 途中に動物除けの策がしてあり、一旦開けて通行しなければならなかった。 
 支度をして8時30分に登山口から歩き始める。 京ヶ倉は990mしかないいわゆる里山、登山口からの標高差も400m。 ところが尾根までは延々と急登が続き里山の印象とは違う。 
 途中の見晴らし台までコースタイム通りの40分かかる。 北アルプスが広がり、眺めは文句ない素晴らしさ。 また急登を20分ほどで尾根に達し、さらに20分ほどで京ヶ倉に到着。 途中には梯子とロープ個所がかなりあり、ちょっと子供には無理かも。 
 頂上のすぐ下からの北アルプスの展望は最高だった。 頂上は松が茂り、残念ながら360度の展望とはいかない。 10時過ぎに着き、ゆっくりしていたら、一人だけ登山者が来た。 かなりのんびりして昼食を済ませて11時30分には下山開始。 さすがに下りは早く、12時30分には車にたどり着いた。 しかし、思った以上に登りごたえがあった山だった。 明日香荘のお風呂に手形で入り「道の駅 大岡特産センター」に泊まる。